読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラクダの考えごと

日々の生活の中で気になった事、物などについていろいろ書いています。

「シン・ゴジラ」は全員に真剣に観てほしい

※ネタバレ 少しあるです。

 

子供の頃にワクワクしながら見ていたゴジラシリーズ、ハリウッド盤は観なかったのですが今回シン・ゴジラを観に行ってきました。

 

 以前にこんな記事を書きましたがこのときは全く行くつもりはありませんでした。

rakudasan.hatenablog.com

 

しかし映画を見に行った人達の評価を見ていると

とても良いのですごく気になっていたのです。

もちろんよくない評価をする人も見受けられたのですが、

何にせよ何も見ていない人間が反論の余地も無いなぁと思い始めていたのです。

そんななかちょうど子供も見てみたいというので脚を運んでみたわけです。

 

 

結論から言うとすごくおもしろかったです。

ゴジラのアクションシーンが凄い!

 特撮ではなくCGだったのですが、

どっち派とかそういうレベルは超越していると思います。

本当に日本にゴジラが現れたんだ。って感じでした。圧倒的な存在感です。

その他にも飛行機やヘリ、戦車など色々登場しましたが、とてもかっこいいですよね。

登場するたびにどの機体の詳細がスーパーで表示されるのもまたかっこいいですよね。

 

でもそれだけじゃないのですよ。

 

映画全体を通して伝わってくるメッセージはポジティブな面もネガティブな面も納得できます。

 

子供の時のように、「怪獣が暴れる映画」という風にはもうみれなかった。

通常の予想をはるかに越える天災に遭遇したときに、

人間は、日本人はどう対応するのかを描いた映像

という風に認識して視聴していました。

 

映画を見ているときはけっこう感情移入できたと思います。

ゴジラが上陸して人々が逃げ惑う姿なんかは怖かった。災害に巻き込まれたときに自分もこうなるのだと思うとあまりずっと観ていたくなかったです。

日本人の悪いところも良いところも秘めたるポテンシャルも全てを魅せてくれた、

そんな映画じゃないでしょうか。

日本も捨てたもんじゃないって言いたくなるような映画ですよね。

もともと捨てませんけど。( ´・ω・`)

 

エヴァンゲリオンのかっこいい部分も取り込めていていいんじゃないでしょうか?

 

石原さとみさんの英語力についてダメ出しされていますが、発音なんかネイティブの人でも相手がネイティブじゃないと聞き取れないのはよくあることと言うぐらいですから、発音についてとやかく言うもんじゃないと思いますけどどうなんですかね?

 

え?喋れてから言えよって?・・・ご、ごめんなさい(;゚Д゚)

 

 

子供が観る分にはやっぱり怪獣映画なのかもしれません。

でも、観る子供によってはあの圧倒的な強さを前に

何もできない人間たちの姿を見ると恐怖でしか無いのではないかと思います。

 

そう、そして大人は特にこの映画を観て真剣に考えることが

あるのではないかと思いました。

映画の楽しみ方なんていうのは人それぞれだと思うし、

批判するつもりもないけどラクダは真剣に観ました。

だからかどうかわからないけど製作者の込めた気持ちが

わかったように思いました。

それで、心があったまったようにも感じました。

 

それから最後のシーンで日本人に与えらえた試練が、人々を緊張させますよね。

ゴジラが動き出した瞬間カウントダウンがまた始まるという・・・

 

今の日本にないのはこの緊張感かもしれません。ラクダも含めてですが・・・

 

一つの大きな目標について、いろいろと考えをさせてくれる映画でした。

映画を観るためにお金を払ってこれだけ自分に返ってくるっていうのは、

けっこう値打ちがあったんじゃないかなぁと思いました。

 

映画館で観るかどうかは置いといても一度真剣に観てみる事を

おすすめします。(; ・`ω・´)

どうも感想は苦手で、意味不明な文章が多くてごめんなさい。( ´ー`)

 

 

rakudasan.hatenablog.com

 

 

rakudasan.hatenablog.com

 

 

rakudasan.hatenablog.com