読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラクダの考えごと

日々の生活の中で気になった事、物などについていろいろ書いています。

ワイモバイルでiphone5sが1980円で使える?ほんと?

 

ラクダです。

うちの奥さんが使っている携帯の更新月が秋ごろなんです。

予定ではマイネオにして、すでに所有しているhuawei GR5を使ってもらう予定です。

でも、今奥さんが使っているのがiphone5cなので、

できればまたiphoneの方が使いやすいかなとも思っています。

 

そんなときに目に入ったのがワイモバイルのワンキュッパ。

f:id:rakudaman:20160713143029p:plain

 

これで本当にiphone5sを1980円で運用して

2年で端末代を支払い終えることになるのであれば、

これは買わない手はないでしょう!

だって単純計算で、

 

1980円×24=47520円

 

iphone5sの端末価格よりも安いじゃないですか!!

と、いいながらもこの計算結果を見た時点でだんだんと疑いの心が出てきました。

 

 

基本使用料が1980円

 

このワンキュッパというのは1980円で運用できるよ、

 

ということではありません。(なぬ

 

基本使用料が1980円になるということだそうです。

ワイモバイルのチャットにて担当の方に教えてもらいました。

 

しかもプランとか機種とかが限定されます。

iphone5sに関しては16Gにしても32Gにしても

基本使用料は1980円に抑えられます。基本使用料はね。

 

ただし、このワンキュッパ割は契約した翌月から12か月間です。

また、新規・MNP・番号移行のいずれかで加入した際に適用されます。

 

 

スマホプランSに限る

 

プランの内容として

スマホプランS(1GB)

スマホプランM(3GB)

スマホプランL(7GB)

があります。

 

データ通信の容量が変わってくるのですが、この中のスマホプランSに限り

ワンキュッパ割を適用することによって基本使用料が

 

3218円ー1080円=2138円になります。

 

この2138円が1980円(税込2138円)の事になります。

 

 

他のMプランやLプランではワンキュッパ割を適用しても

1980円にはなりません。

 

 

実際に支払う金額

 

基本使用料    3218円

ワンキュッパ割 △1080円(12か月間)

賦払金      2700円(24回払い)

月額割引    △1620円

 

合計       3218円

 

1年目で38616円支払うことになります。

しかも2年目になると、ワンキュッパ割がなくなるので、

 

基本使用料    3218円

賦払金      2700円

月額割引    △1620円

 

合計       4298円

 

2年目は、年間に51576円支払うことになります。

 

ちなみにApplecare+ for iphoneに入る場合は月々さらに576円プラスです。

 

その他

 

高速データ通信容量が2年間2倍になります。

今の話だとSプランなので1G→2Gになるという事ですね。

 

ワイモバイルでは他社ケータイ・固定電話への通話料0円ということで、

1回あたり10分以内、月300回まで通話料が0円だそうです。

ワイモバイルへの通話料も0円です。

 

2年契約です。契約期間は申し出がない限り自動更新です。

契約更新月以外の期間に、解約などをすると

契約解除料として9500円が発生します。

 

 

最後に

 

ケータイの契約内容の詳細はやっぱり解りにくいですよね。

ラクダからすると最初の広告をみたら、

1980円で使えるのかと思ってしまいます。

 

でも、そんな甘い話しはやっぱりないですよね。

 

スマホプランS~Lというように3点だけにしているところなど、

消費者に解りやすくされているのだと思うのですが、

MVNOと比べて全体的な金額が高いように思います。

 

でもどうしてもiphone5sが欲しい方は、是非検討してみてください。